口コミで人気の無線LAN
2020年3月21日

ソフトバンクエアーの速度を詳しく解説

ソフトバンクエアーは端末にWi-Fi機能が内蔵されているので、自宅内で自由に設置場所を決めることができますし、データ無制限で高速データ通信がし放題でできる圧倒的なメリットがあります。

ソフトバンクエアーは利用するエリアや時間帯によって通信速度が上下することがあるのですが、具体的にはどのくらいの速さが出るのかや、利用する際の注意点などを詳しく解説していきます。ソフトバンクエアーは最新の端末でWi-Fi通信を行った場合、下り最大962Mbpsの速度が出ます。

ただし962Mbpsができるのは現在では都心などの限られた一部のエリアのみであり、通常の速度は481Mbpsであることを理解しておく必要があります。加えてソフトバンクエアーの提供エリア表に住所が表記されていない場所で利用する場合、速さは下り最大175Mbps/165Mbps/112.5Mbps/110Mbpsとなることを覚えておきましょう。

さらにソフトバンクエアーは利用者が公平に通信ができるように、ベストエフォート方式で通信を行っています。そのため通信回線が混雑する時間帯に利用した場合には通信速度が低下することがあります。さらにネット動画の視聴やファイル交換ソフトの利用、長時間のビデオ通話などを行う場合には一時的に速度が低下することもあるので、これらのサービスを利用する際には長時間利用しすぎないように気をつけて使うことが肝心と考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *