口コミで人気の無線LAN
2020年3月12日

ソフトバンクエアーの速度はエリアと機種で違う

ソフトバンクエアーの通信速度は、エアターミナルの種類によって違いがあります。

エアターミナル2と3の場合には最大の下りが350Mbpsですが、最新のターミナルであるエアターミナル4の場合には481Mbpsで場所によっては1Gbps近い数値が出る場所もあります。この回線の速さは光ケーブルを使った有線接続と同等かそれ以上のレベルの速さですので、4GLTEを使った接続方法の中でもかなり高い水準にあるといっても間違いではありません。

ソフトバンクエアーの速度のこれらの数値は技術的に最大限可能な数値ではありますが、スピードが速いというのは事実であり、インターネットの接続でもたつきなどを感じることもなくなります。ソフトバンクエアーの速度がこれだけ速くても、ターミナルを置く場所を間違えると、遅くなることがありますから、壁や床からは離した場所に、専用の台などを使って置くことにしましょう。こうすれば最大限にパフォーマンスを引き出すことが可能です。

これから加入を検討される際に、自分が住んでいる地域ではどれくらいのスピードになるのかについては、公式サイト内からエリアを調べるだけでわかります。同じ住所でも速さが違う例はありますが、そこまで大差はありません。ソフトバンクエアーの速度は大容量のファイルや動画などを閲覧する時には、一時的に下がるケースは存在しますが、常識の範囲内でインターネットを使っていれば著しい低下はありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *